Kalpasiのベンガルターリー

2016-12-09


Kalpasi @東京都世田谷区経堂

プレオープンメニュー 第6週 2970円(税込)

木曜日18:30の回 今週はベンガル地方。


羊のドライカリー強っ!旨っ!

ライスと食べるため半分キープ。


蟹のスープ旨っ!辛っ!

徐々に甘く蟹の旨味がお口の中に充満っ!

熱くて辛いのにスプーンが止まらない。


大振りのエビや白身魚の見た目のインパクトが凄い定食が、芳しい香りと共に到着。

それぞれの香りや具材の大きさのメイン料理感が凄い。

そしてソースがとにかく美味しい。パンチ力っぱない!

オイリーで、香り豊かで、濃厚でコク深く。でも胃もたれするどころかさっぱり。

✳︎

マスタードオイルの力なのだろう。

ぴりっとした辛さと妖艶な酸味がすごく好み。

ショルシェ・マーチなんて、一口目にはマスタードの辛味成分が立ち昇る感じにむせ返るくらい。

でも後味が上品。好きだな〜。なんかエロいな〜。

✳︎

ライスは小粒で硬めに炊かれ、ひとつひとつの粒の主張がオイリーなソースにも負けない。

羊肉のソースと優しいマチェル・マタ・ディエ・ムングダールを混ぜ混ぜするのも印象的だった。

なんだろう、干し鱈の煮込み料理のような奥深〜い出汁が凄い。


ベンガル料理って凄く美味しいんだと知った。
天使のように大胆に。悪魔のように繊細に。

ひとり勝手に、海賊船でタキシード着て豪快に掻っ込む妄想に耽る。


完全にボコボコにされたり優しくされて、傷が癒える前にソルベ。

刺激的なアジョワンがビシっと締め、すりおろされた林檎のたるくない純真な甘さとほのかな酸味が活きる。

スマートにコースが締められ、満足満足満足。

ありがとうございますカレー👍

========

Starter

✳︎コシャ・カシルマンシャ -マスタードオイルでマリネした羊肉のドライカリー

✳︎ベグン・バジャ -茄子の焼き物

✳︎カックラー・トク・ジョール -パンチフォロン煮出した甘酸っぱい蟹のスープ

✳︎

Bengal Thali

バングラデシュとインドの西ベンガル州を含むベンガル地方の定食。

米の産地でもあり、マスタードオイル・パンチフォロンが特徴的。

✳︎ショルシェ・マーチ -ショルシェはマスタード、マーチは魚 魚のマスタードグレイビー煮込み

✳︎アル・マチェル・ジョール -じゃがいもと魚のカリーカロンジとカラジーラ使用

✳︎チングリ・マライ・カリア -海老のココナッツミルク、イエローマスタード、トマトのカリー

✳︎マチェル・マタ・ディエ・ムングダール -フィッシュヘッドのムングダール煮込み、家庭料理ならではの優しい味わい

✳︎ボルボティ・ポスト -いんげんとケシの実(ポピーシード)の蒸し煮

✳︎トマトール・モリチ・チャトゥニ -トマトと青唐辛子の薬味

✳︎ディム・ボッタ -ゆで卵のマッシュ

✳︎パパル -豆のせんべい

✳︎ライス -インディカ米とジャポニカ米のMIX

✳︎

Dessert

✳︎食後のソルベ -林檎とアジョワン(信州産サンふじりんご使用)

✳︎

Drinks

✳︎サウスインディアンブラックコーヒーを選択。

========

詳細情報

名称
Kalpasi(カルパシ)
最寄り駅

小田急線 千歳船橋駅

所在地
東京都世田谷区経堂4-3-10 1F  Google Mapで表示する
参考サイト
https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131813/13202529/

Kalpasi(カルパシ)への足跡

Kalpasi(カルパシ)の記事一覧を見る

関連キーワード