Kalpasiのベンガルターリー2

2016-12-17


Kalpasi @東京都世田谷区経堂
プレオープンメニュー 第7週 2970円(税込)

金曜日20:30の回 今週もベンガル地方。

✳︎

みなさんのインスタで恋慕していた折、幸運にもキャンセルが!再びのベンガルターリーを求めて。

✳︎

同行者曰く、上質なコース料理だった。

✳︎

一連の料理構成に然り、それぞれの料理の個性が驚くほどの多様性と変化に富んでいるのに、共通点で結ばれている感じ。なのだろう。


今回は特に、蟹のスープの目の覚める辛さからの蟹の旨味の甘さがかなり際立っていた印象。



それと、海老のカレーの香ばしさ。

シナモン、ココナッツ、タマネギのそれぞれの甘さが、それぞれ演舞する。味わい深く優しい。

なんだろ、カシューナッツクッキーを連想。


そして特別サービス。マトンのスープ!

あの野趣溢れる香りが、着皿する前から溢れに溢れ、その存在感たるや!

でも口に含むと、その香りよりも、微細な旨みの粒がきめ細かに散りばめられたような、丁寧で品のある味わいに欺かれる。驚喜😋


フレンチはソースが命。

和食は出汁が命。

芸能人は…

ありがとうございますカレー👍


========

Starter

✳︎コシャ・カシルマンシャ -マスタードオイルでマリネした羊肉のドライカリー

✳︎ベグン・バジャ -茄子の焼き物

✳︎カックラー・トク・ジョール -パンチフォロン煮出した甘酸っぱい蟹のスープ

✳︎

Bengal Thali

バングラデシュとインドの西ベンガル州を含むベンガル地方の定食。

米の産地でもあり、マスタードオイル・パンチフォロンが特徴的。

✳︎ショルシェ・マーチ -ショルシェはマスタード、マーチは魚 魚のマスタードグレイビー煮込み

✳︎アル・マチェル・ジョール -じゃがいもと魚のカリーカロンジとカラジーラ使用

✳︎チングリ・マライ・カリア -海老のココナッツミルク、イエローマスタード、トマトのカリー

✳︎マチェル・マタ・ディエ・ムングダール -フィッシュヘッドのムングダール煮込み、家庭料理ならではの優しい味わい

✳︎ボルボティ・ポスト -いんげんとケシの実(ポピーシード)の蒸し煮

✳︎トマトール・モリチ・チャトゥニ -トマトと青唐辛子の薬味

✳︎ディム・ボッタ -ゆで卵のマッシュ

✳︎パパル -豆のせんべい

✳︎ライス -インディカ米とジャポニカ米のMIX

✳︎

Dessert

✳︎食後のソルベ -林檎とアジョワン(信州産サンふじりんご使用)

✳︎

Drinks

✳︎サウスインディアンブラックコーヒーを選択。

========

詳細情報

名称
Kalpasi(カルパシ)
最寄り駅

小田急線 千歳船橋駅

所在地
東京都世田谷区経堂4-3-10 1F  Google Mapで表示する
食べログ
https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131813/13202529/

Kalpasi(カルパシ)への足跡

Kalpasi(カルパシ)の記事一覧を見る

関連キーワード