祝!再開‼︎

2017-08-03


Kalpasi @東京都世田谷区経堂
スリランカ ライス&カリー 2500円(税別)
エチオピアに自生するコーヒー 450円(税別)
木曜日20:30の回を予約して。
✳︎
「kalpasi」再開後はじめての夜。
昨年10月のプレオープンから、ぼくの生活の一部として定着していた「kalpasi」。
普段は、予定を立てずに行き当たりばったりな旅のスタイルを好むぼくには、当日までの日々を待ち遠しさで昂らせてくれ、毎週のように異なるメニューで魅力してくれる「kalpasi」。
予約の管理など大変なご苦労も多いだろう。とてもとてもありがたいスタイル。
まさに、その1週間を楽しめるのが「kalpasi」。
再開ありがとうございます。

カトゥレットから始まる今宵は、目の前で揚げられる様子から期待を禁じ得ない。
臭みは皆無で肉感的な鯖と、甘みと舌触りのジャガイモを際立たせるビリビリ黒胡椒の鮮烈。
普通ではいられない😋

黒胡椒の刺激で覚醒した食欲は、ククルマスカリヤ(チキン)のハッとなる鮮やかなレモングラスの香りで加速すると、辛口でビターなハラクマスカリヤ(ビーフ)でまた衝撃。
ビーフには、トゥルンとしたしめじのテルダーラを一緒にが特にお気に入り😋
✳︎
汗が伝う。

香ばしく、酸味、甘味、苦味が複雑に交錯するマールカリヤ(フィッシュ)の存在感には、これまたエビの旨味と香ばしさ、苦味のカラウィラサンボルと一緒がお気に入り。
ゴーヤの苦味が揚げられることにより、はじめマイルドから苦味が徐々に広がり全体が照らし出す調和に順応する自らの味覚が興味深い。
✳︎
汗が流れる。

様々な副菜はどれも丁寧に繊細に素材の味を楽しめられ、試し試しで配合を探る好奇心を誘う。
焙煎したスパイスの変化もご教授いただき。
終盤には全体が混ざり合い、マイルドなのに複雑で刺激的。そして、単純に満たされている。エロい。
美味しい😋

爽やかでヌケのある酸味が心地良いプラム(ソルダム)のソルベ。
夏だ。
✳︎
美味しさの愉悦に耽溺するだけでなく、探究心を掻き立てれ、自らの感覚を試されている気持ちになる宴の終わりは、自生するエチオピアのコーヒーの余韻と共に、また次を所望してやまない。
また待ち遠しい1週間が始まる。
ありがとうございますカレー👍

Starter
✳︎ カトゥレット
鯖とじゃがいものスリランカ式コロッケ
✳︎
Sri Lanka-Rice&Curry
✳︎ ククルマスカリヤ
アム(生)トゥナパハ(カレーパウダー)を使ったチキンカリー
✳︎ ハラクマスカリヤ
バダプミリス(焙煎赤唐辛子)が効いた辛口ビーフカリー
✳︎ マールカリヤ
バダブ(焙煎)トゥナパハとゴラカを使った魚カリー
✳︎ ポロス
ジャックフルーツとココナッツミルクのカリー
✳︎ パリップ
レンズ豆のカリー
✳︎ カラウィダサンボル
揚げゴーヤと小エビのビネガー和え
✳︎ ポルサンボル
ココナッツのふりかけ
✳︎ テルダーラ
キノコの炒め物
✳︎ マッルン
野菜とココナッツの炒め物
✳︎ テンパラード
スパイシーな野菜の炒め和え
✳︎ アッチャール
タマネギのココナッツビネガー漬け
✳︎ パパダム
豆粉のせんべい
✳︎ ライス
ソナマスリライス
✳︎
Dessert
✳︎ ソルダムのソルベ

詳細情報

名称
Kalpasi(カルパシ)
最寄り駅

小田急線 千歳船橋駅

所在地
東京都世田谷区経堂4-3-10 1F  Google Mapで表示する
食べログ
https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131813/13202529/

Kalpasi(カルパシ)への足跡

Kalpasi(カルパシ)の記事一覧を見る

関連キーワード